STEP2:空中で静止(ホバリング)

さて、浮かんだところで、空中で静止、
いわゆる「ホバリング」を実施する。

着陸状態から離陸した貴官のハリヤーは、
そのままだとゆっくりと後ろに進み出してしまう。
これは接地している時、機首が少し上を向いて
いるからである。後退を防止するため、浮いたら
すぐに機首を下げ、機体を水平にする。
やっかいな事に、後ろに進んでる時は、速度が
「0」のままなので後ろに進んでるのかどうか
分からない事がある
。注意せよ。
背景を見て、どっちに進んでるのか判断するしか
方法は無い。また前進しにくいので、機首を
下げすぎて速度が出過ぎないように注意する

上昇したら今度は、高度を一定に保持する。
降下率計(ギヤを出したら出てくる表示の右側)を
見ながらエンジン出力を調整する。
降下率が常に「0」のところになるように調整できる
ようし、なおかつ前後左右に動かないように
機体を制御する。機体の進む方向を変えるには
編隊飛行と同じ
で、微妙な操作が重要である。



←STEP1へ / STEP3へ→

トップページへ戻る



(C)SEGA-AM2