Control of HARRIER

ハリヤーのススメ


黒幕なりの独学であるが、エアロダンシングiの
「AV−8B ハリヤー」の操作でで一番難しい
着陸方法を紹介したいと思う。
「次回作まで待てませ〜ん」のAV8Bチャレンジ
でもハリヤーに慣れなかったり、どーしても上手く
いかない貴官の参考になれば、これ幸いかと。

STEP1:ハリヤーの特性

VTOL時のハリヤーのエンジン出力の調整は
非常にシビアである。スロットルを1%以下の幅
で調整
しないと狙った所に上手く着陸できない。
A,Bボタンをちょんちょんと押して調整する。

まずは着陸状態からVTOLで離陸し、
どのくらいの出力で機体が浮くのか、
ホバリング時の出力はどのくらいが良いのか、
どのくらいの降下率で降りれば爆発しないかを
把握する。
なお、残燃料の量で機体重量が変化するので
それに応じて出力も変化する。



ハリヤーのノズル偏向の特徴として、ギヤが
出ている場合は機体姿勢に応じて変化するが、
エアブレーキが出ている状態では89度に
固定され、LR(同時押し)ブレーキを使用すると
93度に固定される。
エアブレーキ使用中に
LRブレーキを使用すると、LRブレーキ操作時の
ノズル角度が優先される。
なお機体姿勢に応じて最大94度まで作動する。
この推力偏向のおかげで、ホバリング時の
ハリヤーは、後ろに進みやすく、前進しにくい。
前進しやすくする方法として、エアブレーキを
出してノズル角度を固定する
方法がある。

STEP2へ→

トップページへ戻る



           

(C)SEGA-AM2